ツバメ

S1005681.jpg

ツバメ
スズメ目ツバメ科ツバメ属
全長17cmのスズメ大

夏鳥として3月末ごろから9月頃まで町中・里山・山地(標高1000~1700m)などに分布。

屋根の下や軒下など大きな鳥が入ってこれないような場所や狭い場所に巣を作る。

S1005705.jpg

頭から尾羽まで黒く、額と喉の色は濃い橙色、お腹は白い。

脚力が弱く足の力を使って飛び立つ他の鳥と違い高い場所から落ちることを利用して飛び立つ

S1005938.jpg

上記の通り飛び立つことが苦手で一生の90%を飛んだまま過ごす。

そのため食事、水飲み、交尾、給餌(幼鳥への餌やり)も飛びながら行う。

渡りの時は片方ずつ脳を休ませながら飛ぶらしい。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック