ハクセキレイ

[2017年12月20日に体裁を整理し情報を追加]
IMG_1274.jpg

[基本情報]


名前:ハクセキレイ[白鶺鴒]
分類:スズメ目セキレイ科セキレイ属
全長:21cmでスズメとムクドリの中間の大きさ
生息範囲:留鳥として町中・里山・山地(標高1000~1700m)に広く分布している
生息地:水辺、市街地


[名前の由来]


体の白い部分がセグロセキレイより多いのが由来。
セキレイの由来は「背が綺麗」から来ていると言われる。

[模様]


オス・メス同色


頭から背中にかけてと胸、そして過眼線が黒い。
尾羽も黒いが縁取りは白。
脇やお腹の色も白でセグロセキレイより白い面積が多い。

冬羽になると背中は淡くなり灰色っぽくなる。

[食べる物]


昆虫
フライングキャッチも得意で時々垂直に飛び上がって捕えることがある。

[生態・性格]


セキレイの中では最も人懐こい。
同じ仲間のセグロセキレイやキセキレイより水辺から離れた場所でも分布している。

IMG_1241.jpg

飛び方は上下に波を打つように「チチチッチチチッ」と鳴きながら飛ぶ。

IMG_0989.jpg

幼鳥は頭から尾羽手前までにかけてが灰色で私はハクセキレイとセグロセキレイの幼鳥の見分けがつかないほど似ている。

幼鳥へ給餌する姿は関東の町中ではハクセキレイ・セグロセキレイとも6月中旬ごろ見られる。

[以下の写真はセグロセキレイの給餌]
IMG_0937.jpg

日没が近くなると葉の茂った街路樹に入って一晩を過ごす。

*** 御覧 頂きありがとうございます。***


この記事へのコメント