メボソムシクイ

[2018年1月9日に体裁を整理し情報を追加]
IMG_8052.jpg

[基本情報]


名前:メボソムシクイ[目細虫食]
スズメ目ムシクイ科ムシクイ属
全長:13cmとスズメより小さい
生息範囲:夏鳥として亜高山帯(1700~2300m)の針葉樹林帯を好んで生息する


名前の由来


虫を食べる「虫食い」のなかで過眼線が細めであることが由来。

IMG_8037.jpg

[模様]


オス・メス同色


頭と目に入った筋の間は白と言うよりクリーム色。
これがセンダイムシクイやエゾムシクイとの見分けるポイントになる。
頭頂部から体上面はオリーブ色、喉からお腹にかけて白く、クチバシは橙色で瞳は黒い。

[食べる物]


昆虫

[生態・性格]


「チョリッチョリッチョリッチョリッ」と杉やサワラなどの樹の中から4拍の鳴き声が聞こえたら、そっと覗いてみると枝に止まっている可能性がある。
繁殖力が強く一夫多妻制だが見つけるのは難しい。

下の写真は8月に撮ったもので幼鳥と思われる。
IMG_8247.jpg

*** 御覧 頂きありがとうございます。***

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック