センダイムシクイ

[2018年1月14日に体裁を整理し情報を追加]
IMG34364.jpg

[基本情報]


名前:センダイムシクイ[仙台虫食]
分類:スズメ目ムシクイ科ムシクイ属
全長:13cmほどでスズメより小さい
生息範囲:夏鳥として都市公園、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)、亜高山帯(1700~2300m)などで見かける


[名前の由来]


虫を食べる虫食いの仲間である事と歌舞伎とききなしの関係に由来がある。
仙台のほうは諸説あるが、サエズリが「つるちよぎみ(鶴千代君)」とききなしされ歌舞伎の演目「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」にちなんでいる
千代(ちよ)を「せんだい」と呼び後に「仙台」の文字が当てられたと言われる。

関連記事


ウィキペディア 伽羅先代萩

[模様]


オス・メス同色


頭部から体上面は黄色みを帯びる。
オリーブ色で、灰色の頭央線があるが個体差があり不明瞭なものもいる。
明瞭な白い眉班がある。
クチバシは上側が黒く、下側は橙色。
明瞭な翼帯が1本あり、体下面は白い。

類似種のエゾムシクイやメボソムシクイに灰色の頭央線はない。

[食べる物]


昆虫

[生態・性格]


ムシクイの仲間には他にメボソムシクイ、エゾムシクイなどが有るが、サエズリがよく聞こえ、姿を見られる割合が多いのは、このセンダイムシクイ。
他のムシクイとの見分け方はお腹が白く眉班(目の上の筋)がクリーム色味の白、クチバシの下側が鮮やかな橙色。
(メボソムシクイはクチバシが黄色でお腹が白、エゾムシクイはクチバシがオリーブ色で眉班が白)

IMG34392.jpg

キキナシは「焼酎一杯ぐいー」と言われているが私には「キュッギ キュッギ ギュィ~」と聞こえる。
音量も高いので聞き耳を立てながら近づくと意外とよく見つかる。
ウグイスよりも体長が2cmほど短いが尾羽が短い分、体の大きさはほとんど同じ。
ウグイスよりも人懐こい性格で余程ガツガツと近づかなければ逃げない。

*** 御覧 頂きありがとうございます。***

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック