ムクドリ

[2017年12月14日に体裁を整理し情報を追加]
K_012346.jpg

[基本情報]


名前:ムクドリ[椋鳥]
分類:スズメ目ムクドリ科ムクドリ属
全長:24cmで野鳥の大きさの指標になる鳥
生息範囲:留鳥・漂鳥として町中、都市公園、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)、亜高山帯(1700~2300m)帯など広い範囲に生息する


[名前の由来]


二つの説があり、和名の「椋」の通り椋の木の実を好むためという説。
集団で樹木にねぐらを持つ事から「群木鳥(ムレキドリ)」が転じたという説がある。

[模様]


オス・メス同色


クチバシと足は橙色。
全体に黒っぽい褐色で顔とお尻の一部が白い。

[食べる物]


木の実を好むが、虫も食べる

[生態・性格]


基本的に群れで行動する事が多い。
樹洞や人工物の隙間を使って営巣する。

IMG43585.jpg

キュルリィッキュルリィッと喉を鳴らすように鳴く。
鳴きながら飛ぶこともあり滑空をしながら効率よく飛ぶ様を見かける。

K_012360.jpg

町中や里山(~1000m)では農耕地や土木工事で掘り起こした地面で虫を捕食する様をよく見かける。
町中にいるモノは5月を過ぎ 暑くなると標高が高い所へ移動する。
(冷夏の年などは通年でいることもある)

*** 御覧 頂きありがとうございます。***


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック