暑い町中にいるカワラヒワ

カワラヒワが未だに連日30℃超えの町中で見られる。 町中で見られるとは言え私が見たのは川の近くや田んぼの近く。 カワやカワラの近くにいるヒワが名前の由来なので当然と言えば当然か。 ただ鳴き声が春先頃まで聞く「ヒーユッチュンチュンチュンチュンッチュンチュンチュンチュン」ではなく「ヒーユッチュンッヒーユッチュンッ」と聞こえる。 季節によって鳴き方を変えるのか、たまたま…

続きを読む

カワセミの幼鳥がだいぶ成長していた

採餌に見る成鳥の具合。 綾瀬市を流れる目久尻川で今年に入って初めて親鳥と一緒に飛ぶ幼鳥二羽を見かけたのは6月4日 その後、幼鳥が単独で狩りをしている姿を見たのは6月17日 このとき見たのはオスの幼鳥で採餌(捕獲)した魚を飲み込むまでにかかった時間は約5分。 先の土曜日7月8日に見たメスの幼鳥はだいぶ成長し魚を採餌してから飲み込むまで15秒そこそこ。 1ヶ月も…

続きを読む

カワセミのホバリングに野鳥の世界の文化を見る

カワセミはブッポウソウ目で仲間で水に飛び込む種は他に夏鳥のアカショウビンや留鳥のヤマセミがいる。 日本にいれば水に飛び込む三種を見られるというのは貴重で幸いなことだ。 中でもカワセミは本州の比較的綺麗な川や池なら標高が低い里山(~1000m)から街中まで年間を通じて見られる。 (北海道では夏鳥) 6月も終わりに近い今なら繁殖が終わって親鳥と別れて独り立ちしている様を見…

続きを読む