コブハクチョウ

コブハクチョウ カモ目カモ科ハクチョウ属 全長150cmほど 山梨県山中湖、茨城県霞ケ浦、北浦など一部の地域で外来種の飼育個体が留鳥として生息している。 写真は幼鳥のため体の一部が灰色でクチバシは全体に赤いが成鳥は体が白くクチバシは先の方だけ赤く、その他は黄色くなるらしい。 英名がMuteswan(ミュートスワン)と言われるだけあって ほとんど鳴くこ…

続きを読む

カワアイサ

[写真はメス] カワアイサ カモ目カモ科ウミアイサ属 全長65cmほど 冬鳥として九州からきたの比較的寒い湖沼、河川に分布。 北海道では留鳥。 主に淡水域に生息するが、凍り付くと沿岸や漁港に移動することもあるようだ。 メスは写真の通り頭が茶色で冠羽があるが、オスは黒く冠羽が無い。 👇ランキング参加中です、よろしければ1日1回クリックをお願いします。…

続きを読む

エナガの幼鳥

4~5月はエナガの繁殖期。 私はエナガの幼鳥は今年になって初めて見る機会に恵まれた。 ジュルリッジュルリッと沢山の鳴き声がして見た目が茶色い小鳥の大群が移動していた。 エナガの親鳥も交じって見た目100羽ほどの大群。 [↓親鳥] [↓幼鳥] 幼鳥と言え尾羽が長く その点は親鳥とソックリ。 [↓親鳥] [↓幼鳥] …

続きを読む

ホンセイインコの食いちぎり

古い写真を整理していて先日投稿したホンセイインコが桜の花びらを食いちぎっている写真が出てきたので掲載。 花びらが4・5輪ついた細い枝ごと食いちぎっていた写真もあったが その写真はピントが甘々だったので割愛。 ホンセイインコは花びらを食べたり花の蜜を吸うときにガクの部分から食いちぎり蜜を吸い終わると花びらごと捨てる時がある。 桜を見ていてガ…

続きを読む

ホンセイインコ(ワカケホンセイインコ)

ホンセイインコ オウム目オウム科ホンセイインコ属 全長40cmでハトとカラスの中間ぐらいの大きさ 1960年代から東京で定着が確認された籠脱けの鳥。 インドやスリランカ原産の物が飼いきれずに放たれ野生化した鳥。 植物食で木の実や花芽、花びら、蜜などを食べるが桜の花などは花びらの根元を食いちぎりながら蜜を吸う特徴がある。 桜の花びらが額ごと大量に落ちてい…

続きを読む

コガラ

コガラ スズメ目シジュウカラ科コガラ属 全長13cmとスズメより一回り小さいくメジロと同じ大きさ 九州より北に留鳥として都市公園、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)などに広く分布。 シジュウカラと比べて色合いは地味。 ヒガラに似るがヒガラと違って冠羽が無く喉の黒い模様が小さい。 ヒカティティティティティーやヒーホーヒーホーと鳴く。 …

続きを読む

コチドリ

コチドリ チドリ目チドリ科チドリ属 全長16cmのスズメ大 夏鳥として九州より北の川、水田などの淡水域に分布する。 名前の由来は日本で最も小さいチドリからきている。 歩き方が千鳥足の語源になっているというが言われるほど千鳥足には見えない。 クチバシや目から頬にかけてと額部分は黒、目も黒いが黄色い縁取り(アイリング)がある、頭頂部から背中と尾羽に…

続きを読む

オオアカゲラ

オオアカゲラ キツツキ目キツツキ科アカゲラ属 全長28cmほどでムクドリより一回り大きい。 留鳥で山地(1000~1700m)や亜高山帯(1700~2300m)帯で見かける。 アカゲラとの違いは全長が5cmほど大きい他に、頭頂が赤い事とお腹に黒い筋模様がある事。 アカゲラの方は後頭部だけ赤く、お腹は白い。 警戒心が強く人影を見ると直ぐに逃げる。…

続きを読む

ムクドリ

ムクドリ スズメ目ムクドリ科ムクドリ属 全長24cmで野鳥の大きさの指標になる鳥 留鳥・漂鳥として町中、都市公園、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)、亜高山帯(1700~2300m)帯など広い範囲に生息する。 群れで行動する事が多い。 キュルリィッキュルリィッと喉を鳴らすように鳴く。 鳴きながら飛ぶこともあり滑空をしながら効率よく飛ぶ様…

続きを読む

カワラヒワ

カワラヒワ スズメ目アトリ科カワラヒワ属 全長15cmほどのスズメ大。 留鳥・漂鳥として町中、都市公園、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)、亜高山帯(1700~2300m)帯と広く生息する。 アトリの仲間では最も身近に存在する鳥。 名前は河原にいるアワやヒエを食べる鳥が由来。 暑い地域では夏になると町中では見かけなくなる。 鳴き声はヒーユッチ…

続きを読む