カワガラス

カワガラス スズメ目カワガラス科カワガラス属 全長22cmほどのムクドリ大 留鳥で里山(~1000m)、山地(1000~1700m)、亜高山帯(1700~2300m)などの川に生息する。 警戒心が強く人影を見るとサッと飛んで逃げていく。 食事は渓流に潜って水生昆虫を捕食する。 潜っている時間は長い時では1分近くになる。 鳴き声はジッジジッと濁った…

続きを読む

チュウダイサギ

チュウダイサギ ペリカン目サギ科ダイサギ属 全長80cmほどの夏鳥だが、越冬する個体もある。 水田から干潟まで幅広い範囲の水辺で見られる。 クチバシは黄色で足は黒い。 チュウサギの方は夏、クチバシも足も黒いので見分けがつく。 (冬はクチバシが黄色くなる) ダイサギはクチバシも足も黄色い。 その他チュウダイサギとダイサギは目とクチバシの間が緑…

続きを読む

キジのドラミング

春から夏へ向かう今の季節、キジが求愛のドラミングを始めている。 近所の畑に行くと あちこちでケンケーンの鳴き声。 ケンケーンと鳴きながら羽ばたく行為をキジのドラミングと言い5月頃に見られる。 正確に測ったわけではないが、どのキジもだいたい10分おきに鳴いている。 声の届かせ方なのか、反響によってか、いずれにせよメスが探しやすく他のオスに縄張りを示しやすいか…

続きを読む

瞬膜

野鳥には全てが持っているかどうか分からないが目に「瞬膜」を持っている。 瞼と違って薄い半透明の膜なので写真などで確認すると目が濁った色に変わっているように見える。 ↑目を開けている ↓瞬膜を閉じている 瞬膜は飛んでいる時に目が乾くのを防いだり水に飛び込んだ時に目を保護するなどの目的があるようだ。 ハヤブサなどの猛禽類も猛スピードで飛行しているときに瞬膜で目…

続きを読む

ヒタキ類が撮りたい

ヒタキ類だと好きなのは夏のキビタキ、夏 高原のノビタキ、夏 亜高山帯(1700~2300m)帯と冬 都市公園のルリビタキ、そして冬のジョウビタキ 高原でノビタキ 標高1500~上あたりでルリビタキ (割と先だが)冬を待ってジョウビタキ でもやっぱり黄色と黒のストライプと喉の鮮やかな橙が美しいキビタキを狙いたい。 今年は…

続きを読む

野鳥の水浴び

野鳥にとって羽毛の手入れは命に関わる重大事。 ある研究では日中の9割を羽毛の手入れにかけているとも言われる。 羽毛の手入れについては 1)水浴び 2)砂浴び 3)毛づくろい がある。 羽毛を手入れする最大の目的は寄生虫や汚れによって水のはじきが悪くなったり体温を保つことが出来なくなるのを防ぐための様だ。 小鳥にとっては捕食される恐れ…

続きを読む

混群

混群はスズメ大の小鳥が種別の違いは あるものの全体で大きな群れを成して移動する様を指す。 混群の目的は未だ不明で諸説あるが、 「大型の鳥に捕食されにくいように、もしくは捕食されそうになった時に群れで警戒し合い逃げるため」 「餌にするモノが木の実や虫など共通しているので特定の範囲で餌の分配をしている」 などがある。 混群を形成する小鳥の種類としては、 …

続きを読む

カワウ

カワウ ペリカン目ウ科ウ属 全長82cm 本州から九州では留鳥として町中、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)の河川、湖などに生息する。 北海道では夏鳥、九州以南では冬鳥。 [神奈川県境川遊水池公園] [神奈川県城山湖] 大きな池や湖に浮かぶ高木や人工物に集団で営巣する様を見かける。 また町中の河川でも魚を捕食している様子が年…

続きを読む

エゾビタキ

エゾビタキ スズメ目ヒタキ科サメビタキ属 全長15cmほどのスズメ大 春から初夏の間と秋に日本に立ち寄る旅鳥で里山(~1000m)、山地(1000~1700m)などの明るい森や林で見かける。 標高が300mくらいの場所なら都市公園でも見かけることがある。 木の実や虫を食べるが空中で飛んでいる虫を捕えることもある。 旅鳥の特徴として群れで行動する…

続きを読む

シジュウカラ

シジュウカラ スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属 全長15cmのスズメ大 留鳥として一部の離島を除く日本全国で見られる最も身近なカラ類。 町中、都市公園、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)で見られる。 サエズリは「ツピィーツピィーツピィー」「ツピチィツピチィツピチィツピチィ」と美しい。 一方警戒しているときなど地鳴きは「ギーギーギーギ…

続きを読む