セグロセキレイ

セグロセキレイ スズメ目セキレイ科セキレイ属 全長21cmでスズメとムクドリの中間の大きさ 留鳥として北海道から九州に生息。 平地、山地(1000~1700m)の河川付近で見られる。 パッと見はハクセキレイと違いが分かりにくいがハクセキレイは目の上下に白い筋が有るが、セグロセキレイは目の下に筋が無い。 またセグロセキレイの方が目が大きいように見える。 …

続きを読む

モズ

モズ スズメ目モズ科モズ属 全長20cmでスズメとムクドリの間の大きさで、セキレイとほぼ同じ大きさ。 留鳥または漂鳥として都市公園、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)、亜高山帯(1700~2300m)帯に分布する。 夏の暑い時期に居なくなる個体は標高が高い所へ移動していると思われる。 モズは日本で見られる最少の猛禽類と言える。 (目を通る筋…

続きを読む

コサギ

コサギ ペリカン目サギ科コサギ属 全長61cmでカルガモとほぼ同じ大きさ。 留鳥として本州より南に広く分布し、北海道では夏鳥。 町中、都市公園、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)、亜高山帯(1700~2300m)帯などの河川や湖沼、池、水田、海岸と水辺であれば生息域はかなり広い。 日本で見られるシロサギの中では最も小さい。 シロ…

続きを読む

コゲラ

コゲラ キツツキ目キツツキ科アカゲラ属 全長15cmでスズメ大 留鳥として都市公園、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)、亜高山帯(1700~2300m)帯など広く分布する。 日本のキツツキの中で最も小さく、単独行動の他に混群で他の鳥、例えばシジュウカラやエナガ、ゴジュウカラといった小鳥たちと行動を共にする事がある。 後頭部に赤い班が有るのがオ…

続きを読む

イワツバメ

イワツバメ スズメ目ツバメ科イワツバメ属 全長13cmのスズメ大 九州以北に夏鳥として渡来し西日本では越冬するモノも見られる。 都市公園、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)、亜高山帯(1700~2300m)帯に分布。 岩場の他に人工物を使い営巣・子育てをする。 色模様はツバメと違い白と黒のモノトーン。 雛も巣の穴から顔を出すく…

続きを読む

センダイムシクイ

センダイムシクイ スズメ目ムシクイ科ムシクイ属 全長13cmほどでスズメより小さい。 夏鳥として都市公園、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)、亜高山帯(1700~2300m)などで見かける。 ムシクイの仲間には他にメボソムシクイ、エゾムシクイなどが有るが、サエズリがよく聞こえ、姿を見られる割合が多いのは、このセンダイムシクイ。 他のムシクイとの見分け…

続きを読む

イソシギ

イソシギ スズメ目アトリ科イカル属 全長20cmでムクドリ大 セキレイとほぼ同じ大きさ 留鳥として町中の川辺や里山(~1000m)の湖沼などで見かける。 名前に磯が付くが浜辺では、ほとんど見かけず川辺の方が見かける。 護岸工事された場所でも生息し虫などを捕食する。 人影を感じると50mほど離れていても「ビィーー」と甲高く鳴きながら飛んで逃げる。 …

続きを読む

イカル

イカル スズメ目アトリ科イカル属 全長23cmのムクドリ大 留鳥・漂鳥として冬から初夏は都市公園や里山(~1000m)、夏は山地や亜高山帯(1700~2300m)で見かける。 冬などは群れを成して落ちた樹の実を拾っている様を見かける。 ベジタリアンで木の実などを食べる。 雌雄同色でクチバシが黄色、額から頭にかけてと目が黒、頬から背中とお腹が灰色味の有る…

続きを読む

ガビチョウ

ガビチョウ スズメ目チメドリ科ガビチョウ属 全長25cmのムクドリ大 留鳥として都市公園、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)などで見かける。 元々愛玩動物として江戸時代に中国から輸入されたモノ。 その飼いきれなくなって野に離されたものが野性化した「籠脱けの鳥」の一種。 飼いきれなくなった最大の理由はサエズリの音量が高い事。 「ヒュ…

続きを読む

コチョウゲンポウ

コチョウゲンポウ ハヤブサ目ハヤブサ科ハヤブサ属 全長オス28cmメス32cmほどのハト大 体全体が茶色っぽいチョウゲンポウより灰色味が強い模様で全長はオスメスともに5cmぐらいずつ小さい。 ハヤブサなどと同様に町中と共生し小鳥などを狙う。 私の近所に中学校が有るが校舎の屋上近くの隙や電線に止まっていて待ちグランドのネットなどを使って追い込み漁をする様を見かける。 …

続きを読む