エナガの幼鳥

4~5月はエナガの繁殖期。 私はエナガの幼鳥は今年になって初めて見る機会に恵まれた。 ジュルリッジュルリッと沢山の鳴き声がして見た目が茶色い小鳥の大群が移動していた。 エナガの親鳥も交じって見た目100羽ほどの大群。 [↓親鳥] [↓幼鳥] 幼鳥と言え尾羽が長く その点は親鳥とソックリ。 [↓親鳥] [↓幼鳥] 幼鳥の羽毛は まだ生えそろってないというか整っていない感じ、色や模様も まだ定着していないのでパッと見が茶色に見えたようだ。 👇ランキング参加中です、よろしければ1日1回クリックをお願いします。 このサイトを登録 by BlogPeople

続きを読む

エナガ

[2017年11月に体裁を整理し情報を追加] [基本情報] 名前:エナガ[柄長] スズメ目エナガ科エナガ属 全長:14cmほどのスズメ大 生息範囲:留鳥または漂鳥として都市公園、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)に生息する。 [名前の由来] 体の大きさと比較して柄に見立てた尾羽が長い事が由来。 [模様] 尾羽が体の半分ほどもあり見た目がフワフワな縫いぐるみの様な可愛らしい鳥。 頭部は縦に白く幅広の筋が入った黒、瞳と風切りの端の部分も黒。 瞳は黒いがマブタは黄色い。 肩の辺りとお腹の後方は薄い桃色で尾羽は白い筋が入った黒。 [生態・性格] 動きは、すばしこく軽快。 「ジュルリッジュルリ」と特徴的な鳴き方をするので聞こえたら周囲の樹木、特に上の方を観察すると動き回っている可能性が高い。 シジュウカラ・コゲラなどと混群をしている可能性もあるので、その場合は同じ場所にいても様々な野鳥を見られる可能性がある。 *** 御覧 頂きありがとうございます。***

続きを読む

もっと見る