アオゲラ

アオゲラ キツツキ目キツツキ科アオゲラ属 全長29cmでハト大 留鳥で都市公園、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)、亜高山帯(1700~2300m)で見かける。 ヒューィヒューィッと凄い音量の口笛の様なサエズリ。 オスは額から頭とクチバシの根元が赤く、背中は緑色、くちばしは上が灰色で下が黄色、胸は白っぽく、お腹は白に黒い斑点がある。 ↑まぶたはクチバシ側から後方に閉じる。 樹を突くとき目玉が飛び出さないように進化したのだろう。 追申 「アオゲラ」や「アオバト」は 緑色が特徴で青い色が特徴の鳥には「ルリ」が付く。 青果の青の意味が若いとか緑色を意味しているのと同じなのだろうか。

続きを読む

もっと見る