サンショウクイ

サンショウクイ スズメ目サンショウクイ科サンショウクイ属 全長20cmほどでスズメとムクドリの中間の大きさ 夏鳥として4月末ごろから秋ぐらいまで日本に滞在する。 生息域は山地(1000~1700m)の広葉樹林帯を好むらしい。 大きさも模様もセキレイに似ていて、ちょうどハクセキレイとセグロセキレイを足して2で割った様な感じ。 セキレイと違うのは胴がスマートで頭と背中が黒ではなく灰褐色である事。 名前の由来はサエズリが山椒を食べてヒーヒー言っているようだと聞くが私には「ピリリーピリリー」と聞こえる。 (実際のところ山椒は食べないようだ。) サエズルときは多くの場合飛んでいる時が多く、さらに主な餌は虫でフライングキャッチする。 こういった辺りもセキレイと似ている。 [撮影機材:PENTAX K-3+SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM] 撮影地 長野県:安曇野

続きを読む

もっと見る