ヒヨドリ

[2017年11月に体裁を整理し情報を追加] [基本情報] 名前:ヒヨドリ スズメ目ヒヨドリ科ヒヨドリ属 全長:28cmでハトより一回り小さい大きさ 生息範囲: 留鳥・漂鳥で街中・都市公園・里山(~1000m)・山地(1000~1700m)・亜高山帯(1700~2300m)と幅広く分布するとともに渡りをする群れもある。 (夜中に海上を渡る群れもある) [名前の由来] 警戒するときの鳴き声「ヒーヨヒーヨ」が由来。 [模様] オスメス同色。 全体的に灰色で、頬が橙色。 [食べる物] 虫、木の実など雑食 [生態・性格] 花の蜜や木の実を好み梅や桜の咲く季節にはメジロを追い払いながら蜜を吸う様を見かける。 サエズリは「キュィ~ヒュッヒュィ~」と上手く表現できないが私の感想としては美しい音色 夜間に渡りをするくらいなので視力はかなり良い。 他の鳥よりいち早くこちらの動きを察知してヒーヨッヒーヨッと鳴く。 [余談] 国内ではスズメやカラス並に町中にいる鳥の代表だが、海外では珍しい鳥らしくヒヨドリを狙って日本に来る海外バーダーもいるらしい。 *** 御覧 頂きありがとうございます。***

続きを読む

もっと見る