センダイムシクイ

2017/05/01 05:00
センダイムシクイ スズメ目ムシクイ科ムシクイ属 全長13cmほどでスズメより小さい。 夏鳥として都市公園、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)、亜高山帯(1700~2300m)などで見かける。 ムシクイの仲間には他にメボソムシクイ、エゾムシクイなどが有るが、サエズリがよく聞こえ、姿を見られる割合が多いのは、このセンダイムシクイ。 他のムシクイとの見分け方はお腹が白く眉班(目の上の筋)がクリーム色味の白、クチバシの下側が鮮やかな橙色。..

続きを読む

メボソムシクイ

2017/04/15 05:00
メボソムシクイ スズメ目ムシクイ科ムシクイ属 全長13cmとスズメより小さい。 夏鳥として亜高山帯(1700~2300m)の針葉樹林帯を好んで生息する。 頭と目に入った筋の間は白と言うよりクリーム色で、これがセンダイムシクイやエゾムシクイとの見分けるポイントになる。 「チョリッチョリッチョリッチョリッ」と杉やサワラなどの樹の中から4拍の鳴き声が聞こえたら、そっと覗いてみると枝に止まっている可能性がある。 下の写真は8月に撮っ..

続きを読む

もっと見る