モズ

2017/05/06 05:00
モズ スズメ目モズ科モズ属 全長20cmでスズメとムクドリの間の大きさで、セキレイとほぼ同じ大きさ。 留鳥または漂鳥として都市公園、里山(~1000m)、山地(1000~1700m)、亜高山帯(1700~2300m)帯に分布する。 夏の暑い時期に居なくなる個体は標高が高い所へ移動していると思われる。 モズは日本で見られる最少の猛禽類と言える。 (目を通る筋が白いのはメス) 秋から春先の間はオス・メスともに「キィィー キィィー キィ..

続きを読む

もっと見る